スポンサーリンク

ジムで筋トレをするときの順番が意外に大事!

トレーニング

RIZAP岐阜店チーフトレーナー 清野 義順(キヨノ ヨシズミ) です!

コロナによるジムの自粛が明けて新たにトレーニングをしようと思う人や、まだ始めたての人

「トレーニングの順番は気にしたことありますか?」

何気なくお腹を割りたいから腹筋から始めよう、みたいにしていませんか?

実はこの筋トレの順番を決めることでトレーニングの効率を上げることができます!

その順番について詳しく解説していきます!

大きい筋肉からトレーニングすべし!

筋トレする青年

トレーニングを始めたての人はとりあえず自分の知ってる種目からやりがちです

なので、一番身近でやったことがあるもので腹筋が多いのではないでしょうか

しかし腹筋からやっていくのは効率よくありません

人間で大きい筋肉というのは下半身の筋肉、その中でも臀部から太ももにかけての筋肉が大きい筋肉となります

また、ほかの筋肉では

  • 背中

といった筋肉も大きい部類となっていきます

もし1日で全身をまんべんなくトレーニングする場合は

脚→胸→背中→肩→腹筋

スクワット→ベンチプレス→ラットプルダウン→ショルダープレス→クランチ

このような順番でトレーニングをしていくのがおすすめです!

大きい筋肉から鍛える理由

筋トレする人

大きい筋肉から鍛える理由として3つ挙げられます

1.大きい筋肉を鍛えると小さい筋肉も鍛えられる

大きい筋肉を動かすときは自ずと小さい筋肉も動くようになっています。なので大きい筋肉と同時に小さい筋肉も鍛えることができるので効率的となるのです。

2.大きい筋肉を鍛えるには体力が必要

大きい筋肉を動かすときは動作が大きいものが多いです。そうなると使う体力も多くなるので、その前に疲れてしまうとパフォーマンスが落ちてしまいます。なので体力に余裕のあるトレーニング序盤に行うのが良いでしょう

3.大きい筋肉を鍛えるには集中力が必要

先ほど同様に大きい筋肉を動かすときは動作が大きいものが多いです。その際に集中力が落ちてしまうとフォームの崩れなどからケガに繋がる場合もあります。集中力があるトレーニングの序盤が良いです。

まとめ

なんとなくで腹筋から始めて体力を使用した状態でスクワットを行なうのはもったいないです!

下半身から上半身、腕、腹筋というような順番で行うのが効率的と言えるでしょう!

体力をしっかりと残した状態でスクワットを行なって脂肪を燃やしてかっこいいからだを作っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました