スポンサーリンク

マイプロテインで異物混入❚今回の対応で信頼は失墜

カーボクラッシャー サプリメント

RIZAP岐阜店チーフトレーナー 清野 義順(キヨノ ヨシズミ) です

日本で大人気の英ブランドとして地位を確立した「マイプロテイン」の商品に異物が混入していたとして大きく反響を呼んでいます

これに関して2020年9月15日にマイプロテインは謝罪文を発表しました

今回の記事では異物混入したマイプロテインについて書いていこうと思います

プロテインバーに虫やダニのようなものが付着

異物混入が確認されたの2020年9月11日

人気プロテインバーの「カーボクラッシャー」を購入した男性がTwitterで「大量の虫が生きたまま出てきました。茶色の米粒くらいの虫と、その幼虫らしきもの、白いダニのようなものまで」と投稿した

ここからグロ注意となります

添付された写真と開封動画では、菓子全体に白い粉のようなものが大量に付着しており、動画ではこれらが動き回っているのが確認できます。

Twitterではこのツイートを見た人たちが自分のプロテインバーは大丈夫かと確認したところ、ほかにも似たような異物が混入していたことが発覚しました。

この異物混入への対応に批判殺到

この件をカスタマーサポートに連絡したところ、品質管理チームに共有の上調査を実施するとメールで回答があったそうです。

その後の謝罪メールにて

「お客様にその状態で商品が届いてしまいまして、大変申し訳ございません」

「この度はお客様の気分を害されます商品を提供してしまい、深くお詫び申し上げます。

などのメールが届きました。

返金・交換対応としては現物回収はせずに自身で処分するよう依頼され、日本の保健所や消費者センターでは「個人輸入で日本の業者を通していないので対応が難しい」とのことです

マイプロテインの公式サイトでは

「品質が最高であることについては様々な機関の保証もあります」

「社内製造施設は世界に通用するもので、開発・製造・検査を行なっています」

このように商品の品質と安全性を強調するもののこのようなことが起きてしまった

そして今回一番酷評を受けたのが、その原因についてです

「この問題は当社の製造施設では発生しておりません」

「独立した第三者機関がこの問題を調査した結果、問題の製品が輸送中に発生した事故であると判断しました。調査の結果、製品の欠陥は、消費された場合、人への健康へのリスクをもたらすものではないと結論付けました」

まとめ

虫を食べても健康的に問題ないから大丈夫だよ

と言われても正直そうは思わないですし、特にそのようなことに厳しい日本としてはこの対応に怒りを覚えている人も多いのではないでしょうか

私自身もマイプロテインを愛用していましたが、この際他のメーカーに変えるのを検討しています

結果論ですが、安さの裏には何かあるというのを今回の騒動で感じましたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました