スポンサーリンク

ダンベルを使った胸のおすすめトレーニング2種目厳選

アンダーアーマーマネキン トレーニング

Revowth(レボース) パーソナルジム 清野 義順(キヨノ ヨシズミ) です!

ダンベルを使った胸のトレーニングを2種目を厳選して紹介しながら解説していこうと思います!

ちなみに、こちらの動画でまとめてYoutubeに投稿しており「よしきよ」という名前でやらせてもらっています。

今後もこちらのチャンネルで動画投稿をしていこうと思うので、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

コンセプト

大胸筋を狙ったダンベル種目のメリットとしては可動域を大きく取ることができるところです。なので、今回は可動域を意識して動作を行ないます。

ただし、ここで言う可動域とは肩関節の外旋、つまり肩が前に出ないことを前提としたものとなります。むやみに可動域をとろうとして降ろしても肩の怪我に繋がる可能性があります。

これらを気を付けてダンベルのトレーニングを行なってみましょう。

ダンベルフライ

ダンベルフライ

第二種目はダンベルフライです。

この種目はプレス系の種目と違い腕の関与が少なくなります。なので、プレス系で腕が疲労しても関係なくトレーニングをすることができます。

さらに先ほどのダンベルベンチプレスよりもストレッチが強くなります。そのかわり、このトレーニングで扱う重りはダンベルベンチプレスよりも軽い物となります。

この種目ではダンベルを降ろしていけばいくほど胸のストレッチを感じるかと思いますが、降ろしながら肺を膨らますように大きく呼吸をすると、さらにストレッチを感じやすくなります。

ダンベルプルオーバー

ダンベルプルオーバー

第三種目はダンベルプルオーバーです。この種目では大胸筋上腕三頭筋長頭大円筋広背筋前鋸筋菱形筋小胸筋・肩甲骨を安定させ、上腕骨を動かす筋を強化するトレーニングです。

加えて対象の筋肉の柔軟性を上げることもできるため非常に重要度の高いトレーニングとなります。

肘の向きによっても重点的に刺激を変えることができます。肘を開けば大円筋・広背筋といった部位を刺激することができ、肘を閉じれば大胸筋・小胸筋といった部位に刺激を強めることができます。

まとめ

今回はダンベルを使い大胸筋をメインターゲットとしてトレーニングをしていきました。ダンベルではバランスをとるために扱いが難しい分、バーベルやマシンよりも筋肉の稼働数が多くなります。

多くの筋肉を動かすことができれば、それだけ消費カロリーも上げやすいのでダイエット中でも、このようなフリーウエイトの種目をどんどん採用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました