スポンサーリンク

ホームジムを作りたい人、一度ここを見てみてください。

【ホームジム】オシャレな空間に作ったホームジムを皆さんにお見せします トレーニング

Revowth(レボース) パーソナルジム 清野 義順(キヨノ ヨシズミ) です!

今回は自宅にトレーニング器具を置いていつでもトレーニングをできる環境を作りたいと考えている人のために、職場兼ホームジムとして活用している私の部屋を紹介したいと思います!

ちなみに、こちらの動画でまとめてYoutubeに投稿しており「よしきよ」という名前でやらせてもらっています。

今後もこちらのチャンネルで動画投稿をしていこうと思うので、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

ホームジムのメリットは?

ホームジム

これを作った最大のメリットとしていつでも筋トレができる。これが一番でしょう

自分の仕事の時間に合わせてトレーニングができるため、時間に縛られてトレーニングが難しいというのが減ります

最近の私の経験だとYoutubeなどでトレーニングの解説動画を見たときにすぐに実践して試すことができる、というのもありとても便利でした

また、音楽も好きな音楽を流してトレーニングができるためモチベーションも高めてトレーニングに励むことができます

トレーニングが好きな人であれば、ホームジムというのはこれ以上ない環境だと思います

おすすめのトレーニング器具・値段

値段

今導入しているトレーニング器具では「マルチラック」になります

これだと少ないスペースで多くの種目が可能となるだけでなく、値段もそこまで高すぎないのでコストパフォーマンスが優れているトレーニング器具になります

ちなみに私のホームジムに入れているトレーニング器具と値段を一覧にしたものがこちらとなります

ホームジム
ホームジム

これだけの器具を揃えてもこの値段で収まりました。さらにコストを抑えようと思えばダンベルを可変式ダンベルにするなどで、数万円から数十万円値段を抑えることができるでしょう

ちなみに購入したところは大阪にある「エニエイジフィットネス」という代理店から購入しました

マルチラックの代理店は国内で増えてきているので、色々な代理店に目を通して見るのがいいでしょう

ホームジムを作るにあたっての注意点

ホームジム

トレーニング器具を置くにあたって中止しなければいけない所が床です。

まず何百キロもある器具を置かなければいけないので床の強度が大事です。木造の自宅で2階となると自宅の作りを調べた方がいいでしょう。

ただそれ以外の鉄骨であったり1階とかであれば大丈夫なことが多いようです

個人的にはそこ以外で天井の高さに注意した方がいいです。私のホームジムでは2.6mの天井高になっているのでゆとりがある状態です。

また、トレーニング器具のメーカーによっては器具の高さが数センチ単位で誤差が生じる恐れがあります。

なのでギリギリ入る状態の高さの器具は避けた方がいいでしょう。

まとめ

ホームジムはあればとても便利ですし、トレーニーからすれば最高の環境となります

自宅の作りやスペースを調べたうえでトレーニング器具をうまく配置して活用すれば1日1日が今よりも充実すること間違いなしです

コメント

タイトルとURLをコピーしました